2018.05.21 新たな挑戦
午前0時

日付が変わると同時にドキドキしながら

急いでエントリーの手続きを行った

そうこの大会は一部のマニアに人気なのだ


エントリー完了



今度の挑戦はこれだ!


沖縄本島1周サバイバルラン2018


簡単に説明すると

沖縄本島をがっつり一周

総距離400kmを72時間以内にゴールしないといけない
(詳しくはこちら



数年前から出たかった憧れの大会にやっと挑戦できる

残すはあと半年

後悔しないようにしっかり考えて身体と心を鍛えていきたい


絶対に完走する。



今から本番が楽しみでしかたない




◇宮古島 整体けんけん堂◇
○整体 60分 4,000円
○足つぼ 30分 3,000円
○整体+足つぼ  90分 6,000円

島割 全コース1,000円引き

出張費無料!!!

マッサージではありませんが、全身スッキリ感があって気持ちいいですよ!!

営業時間 9:00~18:00 
定休日 日曜日 

ご予約はお早めに!
090-2828-6793(予約制)
スポンサーサイト
去年の惨敗から10カ月。。。


長かった。。。


1日たりとも忘れたことはなかった。。。


いざ沖縄へ!


リベンジだ!


大会概要はこんな感じ


-第1日目:沖縄国際YH~R329~スーパーホテル沖縄・名護(82km・13時間)
-第2日目:スーパーホテル沖縄・名護~古宇利島~スーパーホテル沖縄・名護(89km・14時間)
-第3日目:スーパーホテル沖縄・名護~沖縄国際YH(69km・10時間)

3日間で240kmを走破する大会

全国から45名のへんた・・・選手が挑戦する


1日目 82km制限時間13時間

1日目は329号線をひたすら北上し名護を目指すコース

3日間とも朝6時スタートとなる


なるべく疲れない様にゆっくり走る
超長距離は鼻で息ができるくらいのペースで十分だと思う。


「やっぱり痛いなあ」

6日前に走った100km後の軽いジョグで左のふくらはぎを痛めてしまっていた

ただ過去の経験からこういう痛みは長い距離を走っていくうちに間違いなく消えるはずだと思いながら走り続ける


10km辺りになると、ふくらはぎが突っ張って屈伸が出来なくなったが走るのには問題なかった

思っていたよりも本気100%で走った100kmのダメージは中5日ではとれていなかったようだ

そうはいってもレースは始まったばかり

とにかく前に進むしかない




20km過ぎ、今回はそうそうにやって来た 疲労君

今回は出番が早かったようだ

せめて50km過ぎくらいで出て来いよー! 出しゃばりやがって!



国道沿いだけあって車が多く排気ガスがたびたび臭ってくる

もしこんな都会に住んでいたら、走る選択をしたのかどうかも疑わしい

宮古島はなんていい環境なんだと思い知らされた


後半に行くにしたがって、アップダウンが増えてきた

ただまだ今日は初日

明日に疲れをなるべく残さない為に、上りは歩く作戦に変更する


このレースではボランティアのスタッフが、だいたい10kmおきに私設エイドをつくってくれている

そのエイドで出される食べ物は各スタッフが選手達のことをよく考えて提供してくれる

もちろんビールを進めるエイド。。。それを求める選手達。。。変態だらけだ


今回の目標はあくまで完走することだ

レース前は順位なんかどうだっていいと思っていたが、

いざ始まるとやっぱり少しでも上の順位に行きたくなる

男女、性別問わず、同じ条件でスタートしゴールを目指す

そこには一切の言い訳も通用しない

そういう所が好きなのかもしれない



スタートから約5時間でフルマラソン1本が終わった

最近では距離感覚が少々おかしくなり、フル程度だとちょっと長めのジョギングくらいに思えてきた

この大会では3日間で約6本のフルマラソンを走ることになる


予想に反して左ふくらはぎの痛みは取れず、いつ爆発してもおかしくない感じだ

爆発=リタイア   どうしてもそれは避けたい

ましてや沖縄まで来て、初日にリタイアしたなんて家族に合わせる顔がない

なんとしてもゴールするんだ!

丁寧に優しく走ることを心掛けた



50km

60km

と距離を重ねる

段々と下り坂がきつくなる

でもまだ今日は初日

後2日ある      大丈夫なのか?と思い始めるが前に進むしかない



いよいよ辺野古に到着した

これから本日の一番の難所山越えがある

上りはもちろん歩きだ

延々と上るが一向に着かない 

当たり前だがコースがわからないというのは相当なストレスだ

特に先の見えない延々と続く坂道ほど絶望が突きつけられる

いかに地元開催の大会が有利なのかは、外に出て初めてわかる気がする

小さな宮古島で井の中の蛙にならない様にぜひ気をつけたい


どれぐらい歩いただろうか

やっと頂上らしいとこに着いた

そしてここからは延々と続く下りが始まる

一歩一歩が関節や筋肉に痛みをもたらすが、進むしかない

この山を下りきればゴールまであと少しだ




遠くにこちらに向かって手を振っているスタッフが見えた!やったー!

この日最後のエイドで食べ物と飲み物を頂き、早々と出発した

ゴールまで約4km

このコースは去年も走ったので、道は覚えていた




遠くにこの日のゴール地点のホテルが見えてきた

やったー!とりあえず初日はクリアだ

計測用のリストバンドを「ピッ」とした

予定より30分遅れたが、まあ上出来だろう


あくまで今日は初日、いよいよ明日から「リベンジ」が始まる


13位 10時間30分

以外に順位が上なのに気づく





2日目 89km制限時間14時間

朝4時半にアラームで起こされた

眠いがわりとよく眠れた気がする

朝食を済ませてから、身支度を整え集合場所へ向かった


正直まだ走れるかどうかはわからないが、去年よりも状態はいい感じだ


6時にスタート

いよいよ本当のレースが始まると言ってもいい


いっせいに走り出した

おっ予想よりも走れる!行けるぞ!

ただやはり昨日の疲れがあるので、最初はなるべくゆっくり走ることにした


走り続けると少しずつだが身体の張りが徐々に取れて行き

ふと気付くと左ふくらはぎの爆弾は消えていた


今日のコースは道の駅おおぎみまで行き、そこから折り返し、奥武島、屋我地島、古宇利島から美ら海水族館の前を通り、瀬底大橋を渡り、またスタート地点の名護のホテルに戻る、盛り沢山のコースだ


まずは道の駅おおぎみを目指すが、去年も走った単調な海岸線の道路を走ることになる

長く遠くまで見渡せる道は苦痛だが、行かないとしょうがない

淡々と走る

ただ淡々と丁寧に



折り返しコースなのでトップの選手とすれ違う

思ったよりも離れていなかった


約20km地点の道の駅に着いた

身体の調子も悪くない

補給を済ませ今来た道を折り返す


今日は風も強く午前中は晴れだが、午後から雨が降る予報

天気が荒れる前に距離を稼ぎたいが、焦りは禁物



31km地点のエイドに到着

ここから3島の島巡りが始まる

まずは奥武島いつの間にか通過していた

次に屋我地島、宮古に似た田舎の風景が広がる

最後に古宇利大橋を渡ると古宇利島に到着した

この辺りでちょうど40km地点になる


古宇利島を1周してまた古宇利大橋を渡るのだが、これがきつかった

まずは先の見えない上りからの急な下り、弱った身体と心には十分すぎるダメージを与えてくれた


古宇利大橋に差し掛かると、行きの選手とすれ違う

みんなきつそうだ

お互いの健闘を祈りすれ違い様にタッチを交わす「パーン!」

一瞬だが十分すぎる何かを貰った気がした



ここからは今帰仁を通り美ら海水族館を目指す


ここまで来ると坂道が逆にうれしくなってくる

自分に課した上りは歩くルールがあるからだ

つまり平坦な道と下りは走らないといけない(あくまでこの時点のマイルール)



淡々と走る

ただ淡々と丁寧に


前の方に選手が見えるが中々追いつけない

この大会に出ている選手は強者ばかり

速さはもちろんだが、「あの選手は強い」で表現されることが多い気がする




50km過ぎ地点のエイドに到着した

もうかなりヘロヘロだったが、スタッフが笑顔で迎えてくれた

ここだ!「いや~楽しい!」完全な嘘ではないが、自分を鼓舞する為にどうしても必要だった気がしたからだ

もちろんスタッフはニヤっとしていた


エイドで1度靴を脱ぎ、脚全体にボルタレンを塗りまくった

よし!もう少しだ自分に気合を入れる


少し前に選手が見える

何度も抜きつ抜かれつを繰り返し

お互いゴールに向かって進んでいった


段々と雨風が強くなりコンデションは悪くなってきたが

着実にゴールは近づいている


やっと美ら海水族館周辺のホテルが立ち並ぶエリアに入った

観光客は思っただろう、「なんであんなにボロボロの人たちが走っているんだろう」と

一部のマニアしかしらない大会

当然といえば当然だろう

すいませんの気持ちを抱きつつ、歩を進める



やっとの思いで68km地点のエイドに到着した

よし後ハーフ1本でゴールだ!

しかも次のエイドまでは5~6km先だ  いくぞ!!



瀬底大橋を渡り、折り返してくるコースを通る

橋の上は強風が吹いていた

身体は斜めになりながらも、進む

内地からくるとあまり体験したことはない強風と思うが

もっと強い爆風を伊良部大橋で何度も経験しているので、たいして問題なかった


瀬底島を渡ってすぐにエイドがあり、食べ物を頂く

ありがたい

こんな天気の悪い中、本当に感謝しかない



橋を折り返す

後は出発地点の名護のホテルを目指すだけ

ただやはり疲労と痛みが身体を支配しそうな時になっていた



遠くで自分の名前を手を振りながら呼んでくれている人がいる

気のせいだろうと思ったが、近づくと宮古島で知り合ったKさん家族だった

わざわざ速報ページをみて、待ってくれていたのだろう

天気の悪い中、応援してくれて本当にうれしかった

疲れてボーとしてたので、何をしゃべったのか覚えてないが、たくさんの力を貰いました

本当にありがとう。



海岸線の道を進む

横殴りの雨がメンタルを削ぎ落そうとするが、ここで止まる訳にはいかない

ゴールはもうすぐなんだ


淡々と走る

ただ淡々と丁寧に



最後のエイドは残り3km地点にある

まだなのか?まだなのか?を繰り返しつつ

やっと見えた!最後のエイド


もうここからはまさしくウイニングランだ

少し走ると、ゴール地点のホテルの看板が見えた

よっしゃー!ゴールだ!!

計測用のリストバンドを「ピッ」とした

昨年リタイアした2日目を見事「リベンジ成功だ!」

後は明日完走で本当のリベンジが完了する!


5位 11時間30分

なんと過去最高の成績!!



3日目 69km制限時間10時間

4時半のアラームが鳴る前に目が覚めた

身体が痛く何度も起きた

でも今日完走しないと、この2日間が何の意味もない

準備を整え、気合を入れる!完走だ!!




みんなも相当疲れている  そりゃそうだ

互いに健闘を称えながら6時にスタートした

スタートから小雨が降り風も強く寒い

なんとか走ることはできたが、明らかに昨日より身体動かない

今日はたった69kmなんだ!ん?たった?69km?十分にウルトラマラソンの距離だ

どうやらここ数日で更に距離感覚がおかしくなったのだろう


このコースは去年と全く同じ

なんとなく覚えているので、不安は少ない


やたらと長い名護湾に着いた

ここからしばらく海岸線を南下して行く

海からの風が寒いが、半袖の選手もいる

南国に住んでいると、やはり寒さに弱くなるみたいだ


走っていても一向にペースが上がらないし、身体重い

ここでリタイアする訳にはいかない



なんとか粘って20km地点のエイドに到着した

時間を逆算したが、あまり余裕はない

でも焦っても仕方ないので、

温かいものがあるということでカフェインの力を信じコーヒーを頂いた

よし!残りもう50kmもないんだ行くぞ!出発だ!


走り出して、しばらくするとカフェインがきいたのか少し身体が楽になった気がした

少しだがペースも上がり、何人も追い抜いて行くことができた



長い長い恩納村の中間辺りで去年のことが甦ってきた

かなり疲れていたのもあるだろうが

2日目に自らリタイアしたことが、悔しくて、情けなくて、後悔で

走りながらジューシーおにぎりを食べている時に涙が出てきた



絶対に完走するんだ!!



いよいよ読谷に入ったここからは坂道ばかりが始まる

もう明日に体力を残す必要はないので、上り坂も走れるとこは走ることにした

やっとの思いでお馴染みの喜名番所のエイドに到着した

ここからゴールまでは残り30kmを切っている

少し休憩したのち出発した


しばらく下り坂が続く

ここまで来ると下りは関節に相当なダメージ与えてくれる

一歩一歩が痛いが、自分の身体を信じてゴールを目指すのみ



坂を下る頃には嘉手納町に入った

去年も走ったが、基地の町の印象だ

ただだだっ広く同じ様な景色が繰り返される

まさしくメンタルには強敵だ!



次は北谷町になる

このレースのおかげで沖縄の地理がよく分かるようになった

北谷まで来ると残り約20kmというところか


しかし本当に沖縄は基地だらけだ

まあそのおかげで生活出来ている人もいるだろうが、やっぱり多すぎる様に思える

そりゃ怒るよね これ以上新たに作られると

自然も持たないよね



宜野湾に入ると最後のエイドまでもう少し

前を行く選手が信号待ちの間タバコを吸っていた
(街中ではなく周りに人がいない所です)

まったく常識が通用しない!

スピードは出せないが、長い距離なら関係ないらしい

しかもかなりの熟練者



浦添に入り最後のエイドに到着

ここからゴールまでは約10km

やっとここまできた

あと少しあと少しでリベンジの達成だ!


軽く補給を済ませ出発する

辺りはすっかり都会の街中に入る

信号も多くなり立ち止まる回数も増えるが、休めるのでちょうどいいくらいだ


どこからなのかいつの間にか那覇に入っていた

もう身体はボロボロだが、なんとか持ち堪えている


信号で並んだ選手がいたので

「脚が折れそうですね」と言ったら

笑いながら頷いた

そうみんなそうなんだ

これくらいになるとおそらく全員が何かしらの痛みを間違いなく抱えている


超ウルトラマラソン=痛み

これは絶対だろう

どんな怪物みたいなランナーも足を何度も潰しているはずだ


これは今までの経験から得た事だが、痛みは痛みと捉えるのではなく、感覚と捉えるといい思う

熱い、冷たい、硬い、やわらかいなどと一緒でぜひ感覚としてみてほしい

後は少し俯瞰してみると以外に大丈夫なことが多いので機会があれば是非試してみてほしい



いよいよ那覇の街中に入ってきた

もうゴールまで後2~3kmだろう

ゴールが近づくにつれ不思議と身体が軽くなった

やっぱりメンタルが占める割合は相当高いように思える

もうここまで来ると走っていて気持ち良さしかない

確かに身体はボロボロだが、気持ちいい

どこまででも行けそうな気がする


ゴール間近の明治橋が見えてきた

先にゴールした選手たちとタッチを交わす


最後の角を曲がりゴール地点の沖縄国際YHだ!



ゴール!!!!


リベンジ成功だーーーー!!!!


もちろんゴールテープもあるわけもなく

ただ計測用のリストバンドを「ピッ」するのみ


10位 9時間11分



もしかしたらゴールしたら泣いちゃうんじゃないかと思ったが、全然そんな感情はなかった


ゴール後は荷物が置かれている部屋に行き、各自ここで解散だ

自分の荷物を持ち今日泊まるホテルへ向かう

さっきまで走っていたのが嘘の様に、ゆっくりしか歩けない

小雨が降る中とぼとぼホテルへ




この日のタイムリミットは16時なのに

なんと17時から後夜祭がスタートだ

ウルトラランナーは本当に大酒飲みが多い

みんなアホみたいに飲んでいる

まったくこの点は歯が立たない

また次回会う約束をし、ビール3杯だけを飲みホテルへ帰った 当たり前だが疲れている

身体はあちこち痛く足も浮腫み腫れあがっているが、充実感で満ち溢れている

どうせ今夜はあまり寝られないだろうが、もういい最高だ!



例の如く4時ごろに目が覚めた。。。。もはや病気だ



なんとかなりの好成績総合6位だ!!!
(リザルトはこちら





この素晴らしい大会を開催して下さった、関係者の方々本当にありがとうございました。
また3日間朝早くから夜遅くまで、笑顔とおいしい食事を提供して頂いたスタッフの方たち本当にありがとうございました。






最後にいつも応援してくれる、妻と子供たち最後のひと踏ん張りが力になりました 
ありがとう。



◇宮古島 整体けんけん堂◇
○整体 60分 4,000円
○足つぼ 30分 3,000円
○整体+足つぼ  90分 6,000円

島割 全コース1,000円引き

出張費無料!!!

マッサージではありませんが、全身スッキリ感があって気持ちいいですよ!!

営業時間 9:00~18:00 
定休日 日曜日 

ご予約はお早めに!
090-2828-6793(予約制)
毎年恒例ワイドーマラソン100km

5回目となると宮古ではそろそろベテランになってきたか?

宮古島ワイドーマラソン2018

朝5時スタートもちろん真っ暗

今回は何といっても宮古勢1位を取りに来た


スタート後は設定ペース通りに走っていたが、10kmあたりでやめた

ちらちら時計見るのも嫌だし、何しろ時計に支配されるのは気持ちよくない

息が切れないくらいの気持ちいいペースで行くことにした。



やがて伊良部大橋に到着した

毎年伊良部大橋は爆風にさらされるが、今回はほぼ無風と行っていい

荒れた方が面白いんだけどなーと思いつつ橋を渡る

橋を渡るとすぐ折り返して宮古島に戻る

ここまでいい感じだ

ふと時計をみると当初の予定より速いペースできている

でも全然無理はしていない

もしかしてかなり調子がいいかもと自分を盛り上げる。


ここからは池間大橋目指して北上していく

30km近くになってきたが

不思議と疲労はあまり感じなかった

ここからどんどん順位を上げていく

気持ちがいい

宮古島ワイドーマラソン2018

こんな感じで家族が所々で応援してくれる

そりゃお父さん頑張るよね。



池間大橋が近づいてきた

宮古島ワイドーマラソン2018 池間大橋

ここもいつもは爆風にさらされるが今回はほぼ無風みたいなもんだ

荒れた方が面白いんだけどなーと思いつつ橋を渡る

橋を折り返してきたライバルMがいた!

その差1kmくらいか

「後で追いつくからー」とすれ違い際にプレッシャーをかけた

もちろん自分言い聞かせる為でもあるが


僕の少し後に宮古島のまさにレジェンドKさんがいた

このレジェンドに勝つためにMも僕もこの1年取り組んできたといってもいいくらいの方


おもしろい! 

今回のレースはおもしろいぞ!

走りながら一人でちょっと笑えそうになった。


橋の中腹あたりでフルマラソンの距離になる

時計をみるとこれは毎年恒例だが、もちろん今年もフルのベスト更新だ!

なぜか毎年ワイドーマラソンでフルのベストを更新している。

不思議だ。



46.5km地点のレストステーションに到着した。

ここで時間をとるのは避けたいので、補給を素早く済ませて出発した

まだまだ脚は元気だ!いける!


50km地点に到着

ここまで4時間38分。

昨年より20分も速い


ここで準備運動は終わりやっと本当のワイドーマラソンが始まる

この時点ではまだまだ元気だった。。。


が、55kmを過ぎるころ突然疲労がやってきた!

きた!やっぱりきた!今回はもしかしてこないんじゃないかと夢を見ていたが当然来た!

少しペースは落ちたが、この程度はわかっているよ    疲労君



60km地点到着

毎年この辺りは苦しめられる鬼門

もちろん今年もやってきた

ここからしばらく苦しい時間帯が続く

でも過去の経験から復活を信じて耐えて走り続ける。

いろんなとこが痛み出すが、あんまり気にしないようにする

気にしてもしかたないしね。

ウルトラと痛みは最高のパートナーだから、切っても切れないよ。



城辺に入った

以前城辺に住んでいたので、ホーム感があるからなのか

徐々に第一弾の復活が訪れた!

よし!今のうちに行けるとこまで行こう

少しペースを上げる

ちょっとずつ順位が上がる


やがて東平安名崎の入り口がみえてきた

Mはどこだろうか?

もう行ってしまったのか?

ここですれ違わなければ惨敗は確実だ。


岬の先端目指して走っていると

いた!ライバルMがいた!その差約2kmくらいか

この時点の2kmはかなりきついが不可能ではない

それにMもかなりきつそうだ


なんといっても今回の目標は宮古勢1位をとること

行くんだ!ペースを上げた


灯台の手前まで行き折り返す

宮古島ワイドーマラソン2018 東平安名崎

やっぱり来たか。。。レジェンドKさん

数百メートル先ですれ違う



東平安名崎の出口をでたとこで残り20km

ここからあと2km先のレストステーションを目指す

長いたった2kmが長い

でもここは頑張る時だ



やがて到着した。

お腹が空いていたので、ジューシーおにぎりを頂く

うまい!が、吐き気が襲ってきた

内臓がどうやらやられているらしい

ここは慌てずゆっくりおにぎりを頂く


よし行こうと思ったときに、やって来たレジェンドKさん

流石だ!

こうなれば逃げれるとこまで逃げ切ってみよう



最後の難所七又の坂が始まる

重い身体が重い

ここまでちょっと無理し過ぎたツケが回ってきた感じだ


あと少しなんだから頑張れと思うが

だんだんメンタルがやられてきた

かなりきつい

歩こうかどうかも頭をよぎる

ここで歩けば10時間切ることも難しくなってくる

でもきついんだ!さらにメンタルがやられていく



ついに後ろにやって来たレジェンドKさん

85km過ぎた辺りで抜かれる。。。

どんどんどんどん遠くになって行く


もうここからさらに抜き返す力は残っていない

どうする?諦めて歩くか?そのまま走り続けるか?


しかしペースが上がらない

10時間切るのも厳しくなってきている


ふとした瞬間に気づく

あれ?

もしかして?

ちょっとだけ復活の兆しを感じたので、そのまま走り続けてみた



すると何とかキロ6分半を保てるくらいまで持ち直した!


こうなったら何としても10時間は切りたい

走りながら時間を逆算してペース配分を考える


相変わらず下りはきついが、なんとか走れている


難所の七又を過ぎ残す所あと10km


ここまでくると1km1kmが長い

身体はボロボロだがゴールはもうすぐだ


残り5km

ここからの約3kmが単調でいつも嫌になるコースだ!


4km

3km

2km

1km

ゴール地点のアナウンスが聞こえてきた

宮古島ワイドーマラソン2018 ゴール

やったー!やりきったぞ!

宮古島ワイドーマラソン2018 ゴール

ゴールだー!!


9時間55分37秒
29位/577人中
宮古勢3位


宮古島ワイドーマラソン2018 ゴール後


Mが宮古1位を掴んだ

今回は完敗だ おめでとう!
一年間だけのチャンピオンを満喫しておくれ



今回のワイドーは今までで一番きつくて楽しかった。

また来年ワクワクするような勝負がしたい

もちろんもっと高いレベルで





5日間だけ休養を取ろう



ん?5日間?


そう今度はこのレースだ

沖縄本島1周T.O.F.R.2018

2018年1月27日(土)~1月29日(月)

-第1日目:沖縄国際YH~R329~スーパーホテル沖縄・名護(82km・13時間)
-第2日目:スーパーホテル沖縄・名護~古宇利島~スーパーホテル沖縄・名護(89km・14時間)
-第3日目:スーパーホテル沖縄・名護~沖縄国際YH(69km・10時間)

3日間で240kmを走ってくる

昨年Mと共に惨敗をした大会
(詳しくはこちら

もちろんMと共に挑戦する



また全国の変態達に会えるのも楽しみでしかたない


やるぞー


ということで、

お休みのお知らせです。

1月26日(金)~1月30日(火)までお休みとなりますので、

よろしくお願いします。



◇宮古島 整体けんけん堂◇
○整体 60分 4,000円
○足つぼ 30分 3,000円
○整体+足つぼ  90分 6,000円

島割 全コース1,000円引き

出張費無料!!!

マッサージではありませんが、全身スッキリ感があって気持ちいいですよ!!

営業時間 9:00~18:00 
定休日 日曜日 

ご予約はお早めに!
090-2828-6793(予約制)
2018.01.20 今年こそは
いよいよ明日に迫った一年に一度のお祭り

ワイドーマラソン

出るのはもちろん100キロ

今年で5回連続の出場になる。

一昨年は宮古勢2位
去年は宮古勢3位

もう2位も3位もいらない

1位をなんとしてももぎ取りたい!


天気よ荒れよ!
天気よ荒れよ!
天気よ荒れよ!

悪天候が大好物


体調も万全!
言い訳材料もなし!


よし!やるぞ!!全力を尽くすぞ!



明日朝5時スタート。


◇宮古島 整体けんけん堂◇
○整体 60分 4,000円
○足つぼ 30分 3,000円
○整体+足つぼ  90分 6,000円

島割 全コース1,000円引き

出張費無料!!!

マッサージではありませんが、全身スッキリ感があって気持ちいいですよ!!

営業時間 9:00~18:00 
定休日 日曜日 

ご予約はお早めに!
090-2828-6793(予約制)
第3回から毎年出ているマラソン大会。

今回で気づけばもう6回目
つまりマラソン初めて6年目


最近では42.195キロの大会ではあまりモチベーションが上がらなくなってきたのも事実。


ただ1月の100キロに向けていい練習になるので、毎年出走は続けている。

そんな気持ちでの今回のレース。



朝9時スタートの号砲と共にフルとハーフの選手が走り出す

ゴタゴタに巻き込まれるのが嫌なのでなるべく前の方からスタートした

街の中でも時折台風の影響で強い風が吹くがたいしたことはない


まず目指すは伊良部大橋。


橋の上は街中よりも断然風が強くなるが、このくらいの風は何度も経験済み
むしろ思ったよりたいしたことはなかったように思える。

ただ内地から参加の選手はこんなに風が強い中走るのはあんまり経験がないだろう


伊良部大橋を渡って折り返す所でちょうど10キロ

思ったよりいい感じだ

帰りはやや追い風なので風に押されて勝手に足が前に進んで行く


橋を渡り切ったところでマンゴージュースを頂く


うまい!


マラソンを続けている理由のひとつがこれだ!

走っている時(場合にもよるが)走った後の飲食がいつもより数段おいしく感じられる

つねにエネルギーを消費しているので、食べても身体に蓄えられる前に消費する

つまり脂肪にならず、食べたい物を好きなだけ味わえばいいのだ

まさに食の無限ループ



ここからは来間大橋目指してひたすら南下
緩やかな下りが続き
風も追い風

時折太陽も出るがコンディションは悪くない

気持ちいい

どうやら今日は調子がいいみたいだ!


ハーフをすぎた時点で1時間50分


当初の予定ではなかったがサブ4を狙おう!

何しろ今日は調子がいい!気持ちがいいんだ!


あっという間に来間大橋に到着。

橋の中腹辺りで折り返し、毎年恒例の向かい風が始まる


残すはあと15キロ+向かい風


ここから街まではさっき来た道を走る、つまり緩やかな上りが続く
おそらくこのレースで一番の難所だと思う。

いつもこの辺りでガクッとペースが落ちるが今回は違う


何しろ調子がいいと思う様にした。



今年3月の沖縄でのレースでメンタルの重要性を痛感した
例えそれがカラ元気でも結果は大きく変わる
カラ元気を続けると、本当に元気にもなれるんだと感じれた


マラソンはほぼメンタルだ!
メンタルが強ければ走力が多少劣っても勝てる場合がよくある
ウルトラなんかもっと顕著だ

だからウルトラが好きなのかもしれない。



街に入るころにはサブ4は確信した
後はどれだけタイムを縮めれるかの対自分の我慢比べだ!


残すは5キロ

きついが脚は動く
ゴールはもうすぐだ!

4キロ

3キロ

2キロ

1キロと距離表示が過ぎていく

ゴール会場のアナウンスが聞こえてきた


やったゴールだ!!


あ~気持ちいいやり切った!


フルマラソンの中では今までで一番のレースが出来た!

3時間52分52秒

やっとサブ4になれた。


とりあえずでていたフルマラソンっだったが、新たな楽しみが見つかった
まだしばらくフルも楽しめそうだ!


宮古島エコマラソン 2017

レース翌日の筋肉痛もあまりなく
我ながら頑丈になったなと思えた。



今季のレースはあと2つ

1月にワイドー100キロと中5日で沖縄本島での240キロのダブルメイン
中5日。。。今から楽しみでしかたない。


宮古島 パーントゥ2017 島尻


◇宮古島 整体けんけん堂◇
○整体 60分 4,000円
○足つぼ 30分 3,000円
○整体+足つぼ  90分 6,000円

島割 全コース1,000円引き
出張費無料!!!

マッサージではありませんが、全身スッキリ感があって気持ちいいですよ!!

営業時間 9:00~18:00 
定休日 日曜日 

ご予約はお早めに!
090-2828-6793(予約制)